​TOUJINMEN

4H8A8487.jpg

陶人面

photo by Shinko Tsujimoto

My motivation for making the Mask was a feeling of “longing”.
Longing for the unknown world, longing for the nonexistent world, longing for the past, longing for the future.
Firstly, I created my world of longing from the face, “Toujinmen” and put a world view into the face.
The Toujinmen plays the role of being like an entrance to the world of longing.

The Toujinmen has been made more as an object to be worn on the face rather than being a decorative object.
Right from the beginning it seems she made it naturally with that intention.
The Mask was completed and the work was over. However, that was not the end.
After the completion of the Mask it was the beginning of the true expression of Toujinmen.

There are more than 100 faces now.

お面製作への原動力は「憧れ」でした。

知らない世界への憧れ、存在しない世界への憧れ、過去への、未来への憧れ。

憧れの世界をまず顔「陶人面」から作り出し、その顔の持つ世界観に入り込む。

陶人面はその憧れの世界への入り口のような役割をしています。

陶人面は、オブジェとして飾るというよりは、実際に[顔に装着する]という意味合いで作っています。

作り始めた頃から自然とそのつもりで作っていたような気がします。

 

お面が出来上がり、それでおしまい。ではなかった。

お面が出来上がってから、そこからが陶人面の本当の表現の始まりでした

 

​今では100体以上のお面があります。
 

IMGP3637s_edited.jpg
IMGP3653s.jpg
IMGP3629s.jpg

​目的などなく、とめどない顔づくり。

だけど何故だかつくらないわけにはいかない。

一つわかるのは、このお面は喜びや悲しみや恐れといった感情の賜物ではなく、

ただただ私の中に存在するどこか懐かしい人たちだということ。

 

IMGP3652s.jpg
IMGP3651s.jpg
line_50894297596602.jpg
line_50915944289510.jpg
line_50876593465983.jpg
IMGP3649s.jpg
DSC_0005_edited.jpg
DSC_0006_edited.jpg
1557183649691.jpg

With the photographer Shinko Tsujimoto

This project is an activity of the pottery artist Yukimi Kikuchi creating a scene of an fictional ethnic figure wearing

a ceramic mask and the photographer Shinko Tsujimoto provided the photography.

このプロジェクトは陶芸家 菊地幸未が作り出す陶面作品を、架空の民族が装着した姿を作り、

写真家 辻本しんこが写真作品にする活動です。

line_50920296466071.jpg
line_50910997999252.jpg

photo by Shinko Tsujimoto

To have an exhibition

around 2020

2020年陶人面展.jpg
  • Grey Instagram Icon
1557183651638.jpg

​OMEN PROJECT